酒気帯び運転で40代女性運転の乗用車に出会い頭で衝突、医師・宮崎暁容疑者(31)逮捕(長野県飯田市)

国道153号で酒気を帯びた状態で普通乗用車を運転

通報による署員の呼気検査で基準値を超えるアルコールが検出

inshuunten_img

 長野県警飯田署は5日深夜、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、同県飯田市立病院の医師、宮崎暁(さとる)容疑者(31)=同市鼎名古熊=を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は5日午後10時55分ごろ、飯田市八幡町の国道153号で酒気を帯びた状態で普通乗用車を運転した疑い。

 同署によると、宮崎容疑者は同病院近くの信号機のある交差点で、40代女性が運転する普通乗用車に出会い頭で衝突する事故を起こした。

 通報で駆け付けた署員による呼気検査で基準値を超えるアルコールが検出された。

 女性は軽傷を負った。宮崎容疑者にはけがはなかったという。

 飯田市立病院によれば宮崎容疑者は昨年10月、同病院に外科医として着任し、9月末に別の病院に異動する予定だった。

 5日夜に病院内で開かれた送別会で飲酒後、約1キロ離れた自宅に帰るためにハンドルを握ったとみられるという。

 飯田市が処分について検討している。

(産経新聞 2016年9月6日)

酒気を帯びた状態で普通乗用車を運転した疑いで、信号機のある交差点で、40代女性が運転する普通乗用車に出会い頭で衝突する事故を起こしたとのことですが、今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

タニタ アルコールセンサー

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

世界最小 クラス 高画質 小型 ドライブレコーダー