酒気帯び乗用車が出合い頭に衝突、4人死傷(山形県山形市)

直進の乗用車と対向車線から右折してきた乗用車が衝突

女性1人が死亡し、3人が重軽傷

酒気帯び乗用車が出合い頭に衝突、4人死傷(山形県山形市)

酒気帯び乗用車が出合い頭に衝突、4人死傷(山形県山形市)

 31日午前、山形市の交差点で、酒気帯び運転の乗用車が対向してきた乗用車と出合い頭に衝突する事故があった。女性1人が死亡し、3人が重軽傷を負った。

 車はそれぞれ、前の部分が大きく壊れ、宮城県塩釜市の無職・斉藤諒子さん(77)が、外傷性ショックなどのため間もなく死亡したほか、双方の車に乗っていた男性3人が重軽傷を負った。

 警察の調べによると、直進してきた乗用車が対向車線から右折していた乗用車とぶつかったもので、直進していた車を運転していた上山市の26歳のアルバイト従業員の男が、酒気帯び状態だったことがわかった。

警察がこの男から事情を聴いている。

(NNN 12月31日)

酒気帯び乗用車が出合い頭に衝突 4人死傷

酒気帯び乗用車が出合い頭に衝突 4人死傷

 山形市の交差点で車3台が絡む事故があり、70代の女性が死亡した。衝突した運転手は酒気帯びの状態でした。
 
事故があったのは山形市片谷地の県道交差点です。きょう午前10時20分頃、上山市方面に向かって直進していた普通乗用車と対向車線から右折してきた普通乗用車が衝突した。

 この事故で右折車の後部座席に乗っていた宮城県に住む齋藤諒子さん77歳が死亡した他、同乗していた男性2人と対向車の運転手の合わせて3人がケガをした。

 警察は酒気帯びで乗用車を運転していたアルバイト従業員、村山翔一さん26歳から詳しい話を聞いている。

 今年、県内で起きた事故の犠牲者はこれで56人となり、過去5年で最も多くなっている。

(さくらんぼテレビ 12月31日)

 

酒気帯び乗用車が出合い頭に衝突 4人死傷

酒気帯び乗用車が出合い頭に衝突 4人死傷

 

酒気帯び乗用車が出合い頭に衝突 4人死傷

酒気帯び乗用車が出合い頭に衝突 4人死傷

タニタ アルコールセンサー

ドライブレコーダー【今だけおまけ付!】