【容疑者逮捕】人身事故起こした運転手が車を残し逃走 少年重傷(東京都品川区)

制限速度40キロの道路を約110キロで走行

以前の記事の続報です。
>>人身事故起こした運転手が車を残し逃走 少年重傷(東京・品川)

事故の前に飲食店で酒を飲んでいた

【容疑者逮捕】人身事故起こした運転手が車を残し逃走 少年重傷(東京・品川)

【容疑者逮捕】人身事故起こした運転手が車を残し逃走 少年重傷(東京・品川)

 東京・品川区で乗用車が新聞配達のバイクと衝突し、少年が重傷を負うひき逃げ事件があり、無職の男が逮捕されました。

 毛塚剛毅容疑者(22)は先月、乗用車を運転中に新聞配達のベトナム人の少年(19)の乗ったバイクに衝突し、少年に重傷を負わせて逃走した疑いが持た れています。

 毛塚容疑者の車は、制限速度40キロの道路を約110キロで走行していました。事故の前に飲食店で酒を飲んでいたとみられ、警視庁が調べてい ます。

(テレビ朝日系(ANN) 3月6日)

 乗用車による衝突事故で新聞配達員に重傷を負わせたまま逃走したとして、警視庁品川署は6日、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)などの疑いで、東京都品川区南品川、無職、毛塚剛毅(ごうき)容疑者(22)を逮捕した。同署によると、容疑を認めている。

 逮捕容疑は2月2日午前6時ごろ、品川区南品川の都道で、乗用車で時速100キロ前後で暴走し、ガードパイプに衝突。外れて飛んだガードパイプを近くで バイクに乗っていたベトナム国籍の新聞配達員の男性(19)に衝突させ、右太ももなどに重傷を負わせたまま逃走したとしている。

 車の遺留物などから毛塚容疑者を特定した。車は高級車「レクサス」で、タイヤが外れるなど、大破した。所有者は会社名義で、毛塚容疑者は「車は知人から借りた」と供述しているという。同署は暴走に至る経緯などを調べている。

(産経新聞 3月6日)

 

人身事故起こした運転手が車を残し逃走 少年重傷(東京・品川)

人身事故起こした運転手が車を残し逃走 少年重傷(東京・品川)

ひき逃げ犯が捕まって本当によかったです。それにしてもひき逃げされた、新聞配達のベトナム人の少年が気の毒です。

車を乗り捨てて逃げるとは、なにかあるんじゃないかと思っていましたが、やはり、酒気帯び運転だったのですね・・・。しかも、速度が110キロ出てたとは驚きです。

ルームミラー型2.7インチ液晶モニター搭載ドライブレコーダー

夜間暗視撮影 赤外線4灯搭載 GPS 高画質録画