妹(77)が運転する軽乗用車がバックしていた際、姉の須賀トミ子さん(86)がはねられ死亡(鹿児島県曽於市)

妹は車道に出ようとバックしていた

「姉が後ろにいることに全く気付かなかった」

妹(77)が運転する軽乗用車がバックしていた際、姉の須賀トミ子さん(86)がはねられ死亡(鹿児島県曽於市)

妹(77)が運転する軽乗用車がバックしていた際、姉の須賀トミ子さん(86)がはねられ死亡(鹿児島県曽於市)


妹(77)が運転する軽乗用車がバックしていた際、姉の須賀トミ子さん(86)がはねられ死亡(鹿児島県曽於市)

妹(77)が運転する軽乗用車がバックしていた際、姉の須賀トミ子さん(86)がはねられ死亡(鹿児島県曽於市)

 鹿児島県で、86歳の女性が77歳の妹が運転していた軽乗用車にはねられて死亡しました。

 24日午後2時半ごろ、鹿児島県曽於市で、軽乗用車が車道に出ようとバックしていたところ、車の後ろにいた須賀トミ子さんをはねました。

須賀さんは全身を強く打っていて、約2時間半後に死亡しました。

運転していたのは須賀さんの77歳の妹で、「姉が後ろにいることに全く気付かなかった」と話しているということです。

テレ朝news 2018/1/25(木)

鹿児島県曽於市で、妹(77)が運転する軽乗用車がバックしていた際、姉(86)がはねられ死亡するという事故が起きました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。