デイサービス送迎車が積雪でスリップし転落、6人死傷(宮城県仙台市青葉区)

坂道の左曲がり角で、送迎車がスリップして直進、落下

「エンジンブレーキだけで坂を下ろうとしたが、地面が凍結していてハンドルが効かなくなった」

 25日午前9時半ごろ、仙台市青葉区旭ケ丘の路地で、近くのデイサービス「アースサポート仙台青葉」の送迎車(10人乗りワゴン車)が道路脇の約3メート ル下の駐車場に転落してひっくり返り、乗っていた同区台原の中村キミさん(93)が胸などを強く打って搬送先の病院で死亡が確認され、60~90代の男女 5人もけがをした。デイサービスの従業員2人にけがはなかった。

 現場は雪が積もった坂道の左曲がり角で、送迎車がスリップして直進、落下したとみられる。仙台北署は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で、運転 していた角田市の加藤秀樹容疑者(24)を現行犯逮捕した。容疑を同法違反(過失運転致死傷)に切り替えて捜査する。容疑を認めている。

 救助活動を手伝った近所に住む高校3年の小山雄大さん(18)は事故直後「滑りやすい道なので、救急車なども滑るかもしれない」と考え、スコップと融雪剤を持って飛び出した。現場では「車の中からお年寄りの方々が運び出され、ぐったりして反応がない人もいた」という。

 落下現場の道路にはガードレールはなく、ゴム製のポールがあるだけ。急勾配の坂で、凍結する冬季は滑りやすく付近住民はめったに通らないという。

 デイサービス運営会社「アースサポート」(東京)によると、助手席にいた40代の女性従業員は「エンジンブレーキだけで坂を下ろうとしたが、地面が凍結していてハンドルが効かなくなった」と話しているという。

 同社の亀ケ谷敏幸常務取締役は「亡くなられた方のご冥福をお祈りし、ご遺族、けがをした方々におわび申し上げます」と謝罪した。

(産経新聞 1月26日)

怖い事故ですね・・・。中にいた方たちは生きたここちがしなかったでしょうね。地元の人も冬季には凍結するからと使わない急勾配の坂道を何故にデイサービスの車は使っちゃったのでしょうか。もしかしたら、こういうときは、事前に道路の状況などの打ち合わせが必要なのかもしれないですね。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー