走行車線に停まっていた乗用車に追突したトラックを運転の川村真容疑者(36)逮捕(神奈川県平塚市)

走行していた乗用車が何らかの理由で急に止まる

助手席の女性が車から降りて様子を見ていた時にトラックに追突

koutujiko_img

 19日午前、神奈川県平塚市で走行車線に停まっていた乗用車にトラックが追突し、乗用車に乗っていた70代の女性ら3人が重軽傷を負いました。

 19日午前10時すぎ平塚市岡崎の小田原厚木道路で、走行車線に停車していた乗用車に後ろから走ってきたトラックが衝突しました。

 この事故で、乗用車に乗っていた3人が病院に運ばれ、70代の女性が首の骨を折るなど重傷、2人が軽いけがをしました。

 警察は、トラックを運転していた会社員の川村真容疑者(36)を、自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

 警察によりますと、走行していた乗用車が何らかの理由で急に止まり、助手席の女性が車から降りて様子を見ていた時にトラックに追突されたということです。

 調べに対し、川村容疑者は「乗用車が走っているように見えた」と話していて、警察は前方不注意が原因とみて、当時の状況を詳しく調べています。

(TBS系(JNN)2016年10月20日

走行していた乗用車が何らかの理由で急に止まり、助手席の女性が車から降りて様子を見ていた時にトラックに追突とのことですので、今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

アラームで知らせるバックセンサー

バックセンサー&モニターセット