歩行中の男性(67)をひき逃げで、玉腰厚司容疑者(71)を逮捕(三重県鈴鹿市)

「無免許運転の発覚などが怖くて逃げた」

会社員の男性の足の骨などを折る大ケガをさせ、そのまま逃げた

歩行中の男性(67)をひき逃げで、玉腰厚司容疑者(71)を逮捕(三重県鈴鹿市)

歩行中の男性(67)をひき逃げで、玉腰厚司容疑者(71)を逮捕(三重県鈴鹿市)

三重県鈴鹿市で歩行中の男性が大ケガをした今月1日のひき逃げ事件で、71歳の男が逮捕されました。

逮捕されたのは、同市住吉の飲食店経営・玉腰厚司容疑者(71)で、今月1日午後11時20分ごろ、同市住吉の路上で乗用車を運転中、歩いていた67歳の会社員の男性をはね、足の骨などを折る大ケガをさせ、そのまま逃げた疑いが持たれています。

玉腰容疑者は3日、警察に出頭し「無免許運転の発覚などが怖くて逃げた」と容疑を認めているということです。

CBCテレビ 2017/2/5(日)

三重県鈴鹿市で歩行中の男性が大ケガをした今月1日のひき逃げ事件で、玉腰厚司容疑者(71)が逮捕されました。

玉腰容疑者は3日、警察に出頭し「無免許運転の発覚などが怖くて逃げた」と容疑を認めているとのことです。

怪我をされた方の回復をお祈りします。