タンクローリーとダンプカーが正面衝突、佐々木信行さん(39)が死亡(北海道砂川市)

現場は片側1車線の直線道路

タンクローリーが対向車線にはみ出したとみている

タンクローリーとダンプカーが正面衝突、佐々木信行さん(39)が死亡(北海道砂川市)

タンクローリーとダンプカーが正面衝突、佐々木信行さん(39)が死亡(北海道砂川市)

 11月19日午前、北海道砂川市の道道でタンクローリーとダンプカーが正面衝突し、タンクローリーを運転していた男性が死亡しました。

 事故があったのは砂川市北光の道道です。

 19日午前11時30分ごろ、砂川市から歌志内市方向に向かっていたタンクローリーが、対向車線を走っていたダンプカーと正面衝突しました。

 この事故でタンクローリーを運転していた滝川市の会社員佐々木信行さん(39)が病院に搬送されましたが、まもなく死亡が確認されました。

 ダンプカーの運転手にケガはありませんでした。

 現場は片側1車線の直線道路で、警察はタンクローリーが対向車線にはみ出したとみて、ダンプカーの運転手などから話を聞き、事故の詳しい状況を調べています。

(北海道文化放送 2016年11/19

現場は片側1車線の直線道路で、警察はタンクローリーが対向車線にはみ出したとみているとのことで、今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。