横断歩道で5人がタクシーにはねられた事故で、竿田太容疑者(54)現行犯逮捕(京都市東山区)

5人は救急搬送されたが、いずれも命に別条はない

歩行者側が青信号で、歩行者が横断歩道を渡っていた

oudanhodou_img

 京都・祇園近くの四条大橋付近で24日午後、5人がタクシーにはねられた事故で、京都府警東山署は同日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、タクシーを運転していた京都市右京区梅津南町、竿田太容疑者(54)を現行犯逮捕した。

 はねられた5人は救急搬送されたが、いずれも命に別条はないという。運転手の男と、タクシー乗客4人にもけがはなかった。

 府警によると、現場は観光客の多い四条大橋東詰めの交差点。

 事故は午後1時50分すぎ、京都市東山区の四条大橋東詰めの横断歩道でタクシーが急発進し、50~70代の男女5人の歩行者がタクシーにはねられた。

 事故を起こしたタクシーには、子供を含む外国人観光客の家族ら4人が乗っていたという。

 目撃者らによると、歩行者側が青信号で、歩行者が横断歩道を渡っていたという。

(産経WEST 2016年9月24日)

目撃者らによると、歩行者側が青信号で、歩行者が横断歩道を渡っていたということで、非常に怖い事故ですね・・・。今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。