パトカーから逃走中にタクシーに衝突して運転手を死なせて逃げた松岩国博容疑者逮捕

交差点でタクシーに衝突、さらに逃走し車を乗り捨てた

この記事の続報あります
>>【パトカー逃走ひき逃げ事故】松岩国博容疑者、Facebookによるとホストクラブ経営者?

「パトカーがサイレンを鳴らしていたので気が動転して逃げた」

逃走車がタクシーと衝突 運転手死亡(毎日放送 2016年6月2日)動画より出典

逃走車がタクシーと衝突 運転手死亡(毎日放送 2016年6月2日)動画より出典

 パトカーから逃走中にタクシーに衝突して運転手を死なせ、そのまま逃げたとして、大阪府警淀川署は2日、同府豊中市豊南町西、飲食店経営・松岩国博容疑者(45)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死)と道交法違反(ひき逃げ)両容疑で逮捕した。

 「パトカーがサイレンを鳴らしていたので気が動転して逃げた」と容疑を認めているという。

 発表では、松岩容疑者は2日午前1時25分頃、ワンボックスカーを運転中に大阪市淀川区の市道交差点でタクシーに衝突。そのまま逃走し、タクシー運転手の大西春吉さん(68)(大阪府茨木市)を死亡させた疑い。

 松岩容疑者のワンボックスカーは事故直前、現場から約1キロ離れた同区の国道で急発進し、府警第2方面機動警ら隊のパトカーが赤色灯を回して追跡したが、約600メートル先で見失った。

 松岩容疑者はその後、交差点でタクシーに衝突。さらに逃走し、約1・3キロ離れた路上にワンボックスカーを乗り捨てたが、この日午後、同署に出頭した。

 事故現場に設置された防犯カメラなどには、ワンボックスカーが赤信号を無視して猛スピードで交差点に入り、事故を起こす様子が映っていた。同隊の坪内一晶副隊長は「パトカーが見失った後に事故が起き、亡くなった方がおられることに心が痛むが、現時点では追跡は適正だったと考えている」とコメントした。

 大西さんの勤務先によると、大西さんは「ダイ」と呼ばれ、親しまれていたという。同僚の男性(77)は「いつもにこやかで誰にでも好かれるドライバーだった」と言葉少なだった。

(読売新聞 2016年6月2日)

防犯カメラなどには、ワンボックスカーが赤信号を無視して猛スピードで交差点に入り、事故を起こす様子が映っていたとのことですので、亡くなられたタクシーの運転手の方は何も悪くないのにこういうことになるとはとてもお気の毒です。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

ルームミラー型2.7インチ液晶モニター搭載ドライブレコーダー

夜間暗視撮影 赤外線4灯搭載 GPS 高画質録画