塾帰りで道路を横断していた小学5年生の山田煌貴くん(11)が、トラックにはねられ意識不明の重体(愛知県東海市)

トラックを運転していた森田誠容疑者(42)を現行犯逮捕

「気がついたら前に子供がいて、ブレーキをかけたが間に合わなかった」

塾帰りで道路を横断していた小学5年生の山田煌貴くん(11)が、トラックにはねられ意識不明の重体(愛知県東海市)

塾帰りで道路を横断していた小学5年生の山田煌貴くん(11)が、トラックにはねられ意識不明の重体(愛知県東海市)

 11日夜、愛知県東海市で道路を横断していた小学生の男の子がトラックにはねられ、意識不明の重体です。

警察はトラックを運転していた男を現行犯逮捕しました。

 11日午後7時過ぎ、東海市富木島町で塾からの帰宅途中に道路を横断していた小学5年生の山田煌貴くん(11)が、走ってきた中型トラックにはねられました。

 この事故で、煌貴くんは頭を強く打ち、病院へ運ばれましたが意識不明の重体です。

 警察は常滑市鯉江本町のトラック運転手・森田誠容疑者(42)を、過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。

 調べに対し、森田容疑者は「気がついたら前に子供がいて、ブレーキをかけたが間に合わなかった」と容疑を認めていて、警察は詳しい事故の原因を調べています。

東海テレビ 2017/11/12(日)

愛知県東海市で道路を横断していた小学生の男の子がトラックにはねられ、意識不明の重体とのことです。

けがをされた男の子の回復をお祈りします。