小学6年の男子児童が乗った自転車に、酒気帯び状態で運転する軽自動車が衝突し、男子児童が全治2週間のけが(埼玉県所沢市)

酒気帯び状態で軽自動車を運転し事故を起こした、古谷和紀容疑者(48)を逮捕

「午後3時ごろ、自分の工場で酒を飲んだあと帰宅するため運転した」

小学6年の男子児童が乗った自転車に、酒気帯び状態で運転する軽自動車が衝突し、男子児童が全治2週間のけが(埼玉県所沢市)

小学6年の男子児童が乗った自転車に、酒気帯び状態で運転する軽自動車が衝突し、男子児童が全治2週間のけが(埼玉県所沢市)


小学6年の男子児童が乗った自転車に、酒気帯び状態で運転する軽自動車が衝突し、男子児童が全治2週間のけが(埼玉県所沢市)

小学6年の男子児童が乗った自転車に、酒気帯び状態で運転する軽自動車が衝突し、男子児童が全治2週間のけが(埼玉県所沢市)


小学6年の男子児童が乗った自転車に、酒気帯び状態で運転する軽自動車が衝突し、男子児童が全治2週間のけが(埼玉県所沢市)

小学6年の男子児童が乗った自転車に、酒気帯び状態で運転する軽自動車が衝突し、男子児童が全治2週間のけが(埼玉県所沢市)

30日、所沢市の県道で、酒気を帯びた状態で自動車を運転し、小学生が乗る自転車と衝突してけがをさせたとして48歳の男が道路交通法違反の疑いで逮捕されました。

逮捕されたのは、所沢市喜多町の印刷業古谷和紀容疑者48歳です。

警察の調べによりますと古谷容疑者は30日午後6時45分ごろ所沢市並木の県道で、酒気を帯びた状態で軽自動車を運転し、道路を横断していた小学6年の男子児童が乗った自転車と衝突した疑いが持たれています。

男子児童は右ひざを打つなどして全治2週間のけがをしました。

警察の調べに対して、古谷容疑者は「午後3時ごろ、自分の工場で酒を飲んだあと帰宅するため運転した」などと供述し、容疑を認めているということです。

警察は、過失運転致傷の疑いもあるとみて調べを進めています。

テレ玉 2018/1/31(水)

埼玉県所沢市で、小学6年の男子児童が乗った自転車に、酒気帯び状態で運転する軽自動車が衝突し、男子児童が全治2週間のけがを負うという事故が起きました。

けがをされた男子児童の回復をお祈りします。

飲酒運転は、絶対に許せません。