パトカーに追跡されていた、2人乗りの原付きバイクと乗用車が出合い頭に衝突(富山県富山市)

交差点に信号はなく、原付きバイクが一時停止を無視して交差点に進入

原付きバイクを運転していた18歳の少年が頭の骨を折る重傷、後ろに乗っていた17歳の少女が軽いけが

パトカーに追跡されていた、2人乗りの原付きバイクと乗用車が出合い頭に衝突(富山県富山市)

パトカーに追跡されていた、2人乗りの原付きバイクと乗用車が出合い頭に衝突(富山県富山市)

 パトカーに追跡されていた原付きバイクが事故を起こし、少年が重傷です。

 警察によりますと、12日午前0時ごろ、富山市天正寺の交差点で2人乗りの原付きバイクと乗用車が出合い頭で衝突しました。

この事故で、原付きバイクを運転していた18歳の少年が頭の骨を折る重傷、後ろに乗っていた17歳の少女が軽いけがをしました。

交差点に信号はなく、原付きバイクが一時停止を無視して交差点に進入したということです。

警戒中の警察官が事故現場の800メートルほど手前で原付きバイクの2人乗りを見つけ、パトカーで追跡していました。

警察が当時の詳しい状況を捜査しています。

テレ朝news 2017/10/12(木)

パトカーに追跡されていた、2人乗りの原付きバイクと乗用車が出合い頭に衝突し、原付きバイクを運転していた18歳の少年が頭の骨を折る重傷、後ろに乗っていた17歳の少女が軽いけがを負ったとのことです。

けがをされた方々の回復をお祈りします。