フォークリフトで除雪作業をしていた飯沢幸博さん(49)が、約4メートル下の道路脇の用水路に転落し死亡(富山県富山市)

飯沢さんは、車体の下敷きになった

雪かき用のバケットを取り付けたフォークリフトで、1人で除雪していた

フォークリフトで除雪作業をしていた飯沢幸博さん(49)が、約4メートル下の道路脇の用水路に転落し死亡(富山県富山市)

フォークリフトで除雪作業をしていた飯沢幸博さん(49)が、約4メートル下の道路脇の用水路に転落し死亡(富山県富山市)


フォークリフトで除雪作業をしていた飯沢幸博さん(49)が、約4メートル下の道路脇の用水路に転落し死亡(富山県富山市)

フォークリフトで除雪作業をしていた飯沢幸博さん(49)が、約4メートル下の道路脇の用水路に転落し死亡(富山県富山市)


フォークリフトで除雪作業をしていた飯沢幸博さん(49)が、約4メートル下の道路脇の用水路に転落し死亡(富山県富山市)

フォークリフトで除雪作業をしていた飯沢幸博さん(49)が、約4メートル下の道路脇の用水路に転落し死亡(富山県富山市)

7日午前、富山市で除雪作業をしていたフォークリフトが道路脇の用水路に転落し、運転していた男性が死亡した。

警察によると、7日午前8時20分ごろ富山市婦中町下瀬の農道で、フォークリフトが道路脇の用水路に落ちたと近くの会社の従業員から消防に通報があった。

この事故で、フォークリフトを運転していた富山市婦中町鵜坂の会社員・飯沢幸博さん(49)が車体の下敷きとなり、約1時間30分後にその場で死亡が確認された。

現場の農道にガードレールなどはなく、飯沢さんの同僚によると飯沢さんは7日朝、雪かき用のバケットを取り付けた会社のフォークリフトで、1人で除雪していたという。

フォークリフトは路肩から約4メートル下の用水路へ転落していて、警察が事故の原因を調べている。

日テレNEWS24 2018/2/7(水)

富山市で、フォークリフトで除雪作業をしていた男性(49)が、約4メートル下の道路脇の用水路に転落し死亡するという事故が起きました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。