ひき逃げの疑いで、高校教諭の大塚章仁容疑者(29)を逮捕(愛知県豊橋市)

ダンプカーに衝突し、そのまま逃げた疑い

「仕事に間に合わなく、急いでおり、気が動転していた」

ひき逃げの疑いで、高校教諭の大塚章仁容疑者(29)を逮捕(愛知県豊橋市)

ひき逃げの疑いで、高校教諭の大塚章仁容疑者(29)を逮捕(愛知県豊橋市)

 

愛知県警は4日、同県豊橋市江島町の私立高校教諭、大塚章仁容疑者(29)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕したと発表した。

容疑を認め、「仕事に間に合わなく、急いでおり、気が動転していた」と話しているという。

 豊橋署によると、大塚容疑者は3日午前7時50分ごろ、乗用車で豊橋市つつじが丘3丁目の丁字路交差点を右折しようとした際、前方のダンプカーに衝突。

ダンプカーは道路沿いの車庫にぶつかり、乗っていた男性会社員2人に首のねんざなどのけがを負わせ、そのまま逃げた疑いがある。

自宅から学校に向かう途中だったという。

 その後、レッカー移動されている大塚容疑者の車が関係者に目撃されたことが逮捕につながったという。

朝日新聞デジタル 2017/2/4(土)

愛知県警は4日、同県豊橋市江島町の私立高校教諭、大塚章仁容疑者(29)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで逮捕しました。

大塚容疑者は、前方のダンプカーに衝突し、乗っていた男性会社員2人にけがを負わせ、そのまま逃げた疑いがあるとのことです。

ダンプカーに衝突して、そのまま逃げたとのことですが、乗っていた車もダメージを負っていたのではないでしょうか。

けが人をそのままにして逃げるとは、かなり悪質な行為です。

怪我をされた方々の回復をお祈りします。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー