走行車線を走っていたバイクが転倒し、隣車線のトラックの下に滑り込んだ後トラックにひかれ細川徹さん(47)が死亡(大阪府豊中市)

豊中市内では雪が降っていた

事故当時、現場周辺の道路は凍結していた可能性

走行車線を走っていたバイクが転倒し、隣車線のトラックの下に滑り込んだ後トラックにひかれ細川徹さん(47)が死亡(大阪府豊中市)

走行車線を走っていたバイクが転倒し、隣車線のトラックの下に滑り込んだ後トラックにひかれ細川徹さん(47)が死亡(大阪府豊中市)


走行車線を走っていたバイクが転倒し、隣車線のトラックの下に滑り込んだ後トラックにひかれ細川徹さん(47)が死亡(大阪府豊中市)

走行車線を走っていたバイクが転倒し、隣車線のトラックの下に滑り込んだ後トラックにひかれ細川徹さん(47)が死亡(大阪府豊中市)

 27日午前、大阪府豊中市の国道で転倒したバイクがトラックにひかれバイクを運転していた男性が死亡しました。

事故当時、現場周辺の道路は凍結していた可能性もあるということです。

 警察などによりますと、午前10時すぎ、豊中市東寺内町の国道423号で走行車線を走っていたバイクが転倒し、隣の追い越し車線のトラックの下に後ろから滑り込みました。

この事故でバイクを運転していた大阪市阿倍野区の介護士・細川徹(47)さんがトラックにひかれ、意識不明の状態で病院に搬送されましたが、約1時間後に死亡が確認されました。

事故当時、豊中市内では雪が降っていて地面が凍結していた可能性もあるということで、警察はバイクが転倒した原因などを詳しく調べています。

MBSニュース 2018/1/27(土)

大阪府豊中市東寺内町の国道423号で、走行車線を走っていたバイクが転倒し、隣車線のトラックの下に滑り込んだ後トラックにひかれ男性(47)が死亡するという事故が起きました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。