観光バスが故障し停車していたところ、大型トラックが追突、大谷秀雄さん(53)・染谷文彦さん(50)側壁の間に挟まれて死亡(愛知県岡崎市)

運転手2人は故障の確認をするため車の外にいました

バスは大阪市から東京ディズニーシーなどに向かう途中

観光バスが故障し停車していたところ、大型トラックが追突、大谷秀雄さん(53)・染谷文彦さん(50)側壁の間に挟まれて死亡(愛知県岡崎市)

観光バスが故障し停車していたところ、大型トラックが追突、大谷秀雄さん(53)・染谷文彦さん(50)側壁の間に挟まれて死亡(愛知県岡崎市)

 バスに追突したトラックは、前の部分が激しく損傷していて、運転席は跡形もない状態になっています。

 現場は、愛知県岡崎市の新東名高速の上り線です。

 2日午前2時すぎ、観光バスが故障して路肩に停車していたところ、そこへ大型トラックが追突しました。

 この時、運転手2人は故障の確認をするため車の外にいましたが、バスと側壁の間に挟まれて死亡しました。

 バスは大阪市から東京ディズニーシーなどに向かう途中で、乗客27人が乗っていました。

 車内にいた女性客1人とトラックの男性運転手が軽傷です。

 バス会社によりますと、事故前に運転手から「ブレーキに不具合が出た」などと連絡が入っていたということです。

(テレビ朝日系(ANN)2016年 10月2日

死亡した乗務員2人の身元が発表されました

 愛知県警高速隊は2日夕、愛知県岡崎市駒立町の新東名高速上り線で観光バスにトラックが追突して死亡したバスの乗務員2人の身元を発表した。

 いずれも中央交通バス社員で、大阪府太子町葉室、大谷秀雄さん(53)と大阪市城東区中浜1丁目、染谷文彦さん(50)。

(朝日新聞デジタル 2016年10月2日)

バス会社によりますと、事故前に運転手から「ブレーキに不具合が出た」などと連絡が入っていたということですが、本当にお気の毒な事故だと思います・・・。

亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。