トラックがガードレールに衝突する事故で岩田悠司さん(27)死亡、17歳と18歳の少年2人が大けが(鹿児島県姶良市)

解体工事を終えて鹿児島市内の会社に帰る途中

現場にはトラックの荷台に積まれていた建設用の資材が散乱

jisonjiko_img

 29日夜、鹿児島県の九州自動車道で、トラックがガードレールに衝突する事故があり、乗っていた27歳の男性が死亡、少年2人が大けがをした。

 29日午後8時ごろ、鹿児島県姶良市の九州自動車道の下り線でトラックが道路左側のガードレールに衝突した。

 この事故で、トラックに乗っていた鹿児島市星ケ峯のとび職、岩田悠司さん(27)が死亡した。

 トラックには岩田さんのほかに17歳と18歳の少年2人も乗っていて、全身を強く打つなどの大けがをした。

 現場にはトラックの荷台に積まれていた建設用の資材が散乱し、九州自動車道の溝辺インターチェンジから加治木ジャンクションの下り線が、約5時間にわたって通行止めとなった。

 3人は熊本県内での解体工事を終えて鹿児島市内の会社に帰る途中だったという。

 警察はトラックに乗っていた少年に当時の状況を聞くなどして事故の原因を調べている。

(日本テレビ系(NNN) 2016年10/30

3人は熊本県内での解体工事を終えて鹿児島市内の会社に帰る途中だったということで、今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。