トラックと乗用車合わせて4台が絡む玉突き事故で、一番後ろのトラックを運転していた矢野富也さん(57)死亡(福岡県筑前町)

見通しのよい直線道路で、事故当時は渋滞していた

国道200号で、トラック3台と乗用車1台が相次いで衝突

トラックと乗用車合わせて4台が絡む玉突き事故で、一番後ろのトラックを運転していた矢野富也さん(57)死亡(福岡県筑前町)

トラックと乗用車合わせて4台が絡む玉突き事故で、一番後ろのトラックを運転していた矢野富也さん(57)死亡(福岡県筑前町)

 福岡県筑前町の国道で7日朝、トラックと乗用車合わせて4台が絡む玉突き事故があり、男性1人が死亡した。

 7日午前6時ごろ、筑前町朝日の国道200号で、トラック3台と乗用車1台が相次いで衝突する玉突き事故があった。警察によると、この事故で成人の男性8人が病院に搬送されたが、一番の後ろのトラックを運転していた福岡県飯塚市の矢野富也さん(57)が死亡した。ほかの7人は命に別条ないという。

 現場は飯塚市方面から筑紫野市方面に抜ける見通しのよい直線道路で、事故当時は渋滞していたという。警察が詳しい事故原因を調べている。

(日本テレビ系(NNN) 2016年11/7

見通しのよい直線道路で、事故当時は渋滞していたとのことですが、今後の詳しい調査による事故の解明が待たれます。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。