自宅の雪かきをしていた細山澄子さん(80)が、夫(86)の運転する軽乗用車にはねられ意識不明の重体(石川県河北郡津幡町)

「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」

事故当時、澄子さんは家族とともに雪かきをしていた

自宅の雪かきをしていた細山澄子さん(80)が、夫(86)の運転する軽乗用車にはねられ意識不明の重体(石川県河北郡津幡町)

自宅の雪かきをしていた細山澄子さん(80)が、夫(86)の運転する軽乗用車にはねられ意識不明の重体(石川県河北郡津幡町)

8日午後、石川県津幡町で自宅の雪かきをしていた80歳の女性に86歳の夫が運転する車がぶつかり、頭を強く打って意識不明の重体となっています。

8日午後1時半ごろ、石川県津幡町太田で細山澄子さん(80)が自宅の敷地の雪かきをしていたところ、夫の孝治さん(86)が運転する軽乗用車にはねられました。

この事故で、澄子さんは頭を強く打って病院に運ばれましたが、意識不明の重体です。

警察によりますと、事故当時、澄子さんは家族とともに雪かきをしていて、エンジンがかかったまま停車していた2台の車の間にいたということです。

孝治さんが車を前進させたところ澄子さんにぶつかったということで、近所の住民によりますと、孝治さんは事故の直後「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と話していたということです。

警察は車を運転していた孝治さんから話を聞くなどして、事故の詳しい状況を調べています。

NHK NEWS WEB 2018/2/8(木)

石川県河北郡津幡町で、自宅の雪かきをしていた女性(80)が、夫(86)の運転する軽乗用車にはねられ意識不明の重体とのことです。

けがをされた方の回復をお祈りします。