[続報]車が暴走6人死傷 衝突時のスピードは時速160キロに達していた

乗用車が猛スピードでタクシーに衝突

以前の記事の続報です。
>>パトカー追跡の車が暴走し3台に衝突、6人死傷(東京都世田谷区)
>>[続報]車が暴走6人死傷 容疑者、居酒屋で緑茶ハイを3、4杯飲んだと供述

乗用車は他人名義、容疑者は免許証を携帯していなかった

[続報]車が暴走6人死傷 衝突時のスピードは時速160キロに達していた

[続報]車が暴走6人死傷 衝突時のスピードは時速160キロに達していた

 東京・世田谷区で飲酒運転の乗用車が暴走してタクシーなどに衝突し6人が死傷した事故で、衝突の際の車のスピードが時速160キロに達していたことが分かりました。

 この事故は、今月23日、世田谷区の国道246号線でパトカーに追跡された飲酒運転の乗用車が暴走してタクシーなどに衝突し、タクシー運転手の村松豪さん(49)が死亡したほか、5人が重軽傷を負ったものです。

 警視庁の鑑定の結果、逮捕された緒環健蔵容疑者(20)が運転していた乗用車は、衝突の際、時速160キロに達していたことが新たに分かりました。

 緒環容疑者は事故の直前、2時間以上にわたり、飲食店で酒を飲んでいたということで、取り調べに対し「パトカーが見えたのでまずいと思い、速度を上げた」「信号機があったことに気付かなかった」と供述しているということです。

 警視庁は、危険運転致死傷などの疑いで調べを進めています。(

(TBS系(JNN)2016年 3月31日)

リンク先に乗用車が猛スピードでタクシーに衝突する様子が映っています。
※かなり衝撃的な映像なので視聴にはご注意ください。
>>乗用車が猛スピードでタクシーに衝突する映像(FNNニュースサイトより)

これを見るとかなりのスピードが出てるとは思っていましたが、まさか、高速道路でない公道で160キロも出していたなんて信じられません。

亡くなられたタクシー運転手の方が本当に気の毒です。避けられない事故だったと思います。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

GPS内蔵 衝撃センサー搭載のドライブレコーダー

後方撮影も可能な2カメラ・常時録画のドライブレコーダー