小学5年の女の子がうしろから来た軽ワゴン車にはねられ重体(京都府宇治市)

車を運転していた長野瑞香容疑者(36)を現行犯逮捕

女の子は骨盤を折るなどして重体

小学5年の女の子がうしろから来た軽ワゴン車にはねられ重体(京都府宇治市)

小学5年の女の子がうしろから来た軽ワゴン車にはねられ重体(京都府宇治市)


小学5年の女の子がうしろから来た軽ワゴン車にはねられ重体(京都府宇治市)

小学5年の女の子がうしろから来た軽ワゴン車にはねられ重体(京都府宇治市)

 京都府宇治市の府道で、小学5年の女の子がうしろから車にはねられ重体です。

「そこに頭があって、右足がこんなになってたし、あれ折れてるかなと」(目撃者)

 8日午後4時すぎ、宇治市の府道で、下校中の小学5年の女の子(11)が、後ろから来た軽ワゴン車にはねられました。

警察によりますと女の子は骨盤を折るなどして病院に搬送され、重体だということです。

警察は、運転していた長野瑞香容疑者(36)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。

調べに対し容疑を認めているということです。

毎日放送 2017/9/9(土)

宇治市の府道で、小学5年の女の子がうしろから車にはねられ重体とのことです。

怪我をされた女の子の回復をお祈りします。