警備員ひき逃げ容疑で72歳の女を逮捕(佐賀県嬉野市)

「事故を起こしたのは間違いないが人をはねた覚えはない」と容疑を一部否認

現場に残っていたサイドミラーの一部などの遺留品から、容疑者の車を特定

警備員ひき逃げ容疑で72歳の女を逮捕(佐賀県嬉野市)

警備員ひき逃げ容疑で72歳の女を逮捕(佐賀県嬉野市)

嬉野市の国道34号で26日に発生したひき逃げ事件で、鹿島署は27日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げなど)の疑いで、小城市の容疑者(72)を逮捕した。

 逮捕容疑は26日午後1時55分ごろ、嬉野市塩田町大草野の国道34号で乗用車を運転中、縁石に乗り上げ、歩道で工事車両の誘導にあたっていた警備員の50代男性をはねて、そのまま逃走した疑い。

男性はろっ骨や左足骨折など、全治1カ月以上の重傷を負った。

 現場に残っていたサイドミラーの一部などの遺留品から、容疑者の車を特定した。

容疑者は事故当時、眠気に襲われたと供述しており、「事故を起こしたのは間違いないが人をはねた覚えはない」と容疑を一部否認している。

佐賀新聞 2017/1/28(土)

嬉野市の国道34号で26日に発生したひき逃げ事件で、鹿島署は27日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げなど)の疑いで、小城市の女性(72)が逮捕されました。

女性は「事故を起こしたのは間違いないが人をはねた覚えはない」と容疑を一部否認しているとの事です。