トラックとオートバイが衝突し、オートバイを運転していた高校3年生の少年(18)が死亡(埼玉県和光市)

トラックを運転していた加藤仁容疑者(46)を現行犯逮捕

加藤容疑者は「信号を見落としてしまった」と容疑を認めている

トラックとオートバイが衝突し、オートバイを運転していた高校3年生の少年(18)が死亡(埼玉県和光市)

トラックとオートバイが衝突し、オートバイを運転していた高校3年生の少年(18)が死亡(埼玉県和光市)


トラックとオートバイが衝突し、オートバイを運転していた高校3年生の少年(18)が死亡(埼玉県和光市)

トラックとオートバイが衝突し、オートバイを運転していた高校3年生の少年(18)が死亡(埼玉県和光市)

 3日夕方、埼玉県和光市でトラックとオートバイが衝突し、オートバイを運転していた高校3年生の少年が死亡しました。

 3日午後5時半ごろ、和光市白子の交差点で直進するトラックと右折してきたオートバイが衝突しました。

この事故で、オートバイを運転していた東京・練馬区に住む高校3年生の少年(18)が意識不明の状態で病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。

 警察は、トラックを運転していた加藤仁容疑者(46)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

調べに対し、加藤容疑者は「信号を見落としてしまった」と容疑を認めているということで、警察は今後、容疑を過失運転致死の疑いに切り替えて調べる方針です。

TBS NEWS 2018/2/4(日)

埼玉県和光市で、トラックとオートバイが衝突し、オートバイを運転していた高校3年生の少年(18)が死亡するという事故が起きました。

亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。