山手通りで、車が6台の車に次々に追突、5人が軽傷、37歳男性を現行犯逮捕(東京都目黒区)

「よく覚えていない」と話している

歩道を乗り越え、マンションの塀にぶつかり止まった

山手通りで、車が6台の車に次々に追突、5人が軽傷、37歳男性を現行犯逮捕(東京都目黒区)

山手通りで、車が6台の車に次々に追突、5人が軽傷、37歳男性を現行犯逮捕(東京都目黒区)

 東京・目黒区の山手通りで、7日午後1時半すぎ、車が6台の車に次々に追突し、首を痛めるなどして、5人が軽傷を負った。

 車は逃走して、近くのマンションの壁に突っ込み、運転していた37歳の男は、警視庁に現行犯逮捕され、「よく覚えていない」と話しているという。

(フジテレビ系(FNN)2017年 1/7

 7日午後1時40分ごろ、東京都目黒区目黒の山手通りで、乗用車が立て続けに車6台に衝突する事故が起き、男女5人が軽傷を負った。

 警視庁目黒署は自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)容疑で、車を運転していた男(37)を現行犯逮捕した。「よく覚えていない」と話しているという。

 同署によると、男の車が前方の乗用車を追い越そうとして衝突。そのまま走行を続け、乗用車やオープンカー計4台にぶつかった後、反対車線のタクシーに衝突し、走行車線側の歩道を乗り越え、マンションの塀にぶつかり止まったという。

 男の車は約300メートルの間に計6台と衝突した。警察官が運転席にいた男に話し掛けたところ、男は「大丈夫だ」と応じたという。

 タクシーの女性客ら5人が首や腰の痛みを訴えて病院に搬送されたが、いずれも軽傷という。現場は見通しの良い片側2車線の道路で、同署は事故原因を調べている。 

(時事通信 2017年1/7)

容疑者は、現行犯逮捕され「よく覚えていない」と話しているということですが、なにがあったのでしょうか?今後の詳細な調査による事故の解明が待たれます。