16歳の少年が運転する原付バイクが乗用車と衝突し、少年が意識不明の重体(愛知県豊田市)

現場の交差点は原付バイクの側に一時停止の義務

豊田市栄町4丁目の信号のない交差点

16歳の少年が運転する原付バイクが乗用車と衝突し、少年が意識不明の重体(愛知県豊田市)

16歳の少年が運転する原付バイクが乗用車と衝突し、少年が意識不明の重体(愛知県豊田市)


16歳の少年が運転する原付バイクが乗用車と衝突し、少年が意識不明の重体(愛知県豊田市)

16歳の少年が運転する原付バイクが乗用車と衝突し、少年が意識不明の重体(愛知県豊田市)

愛知県豊田市の交差点で23日朝、16歳の少年が運転する原付バイクが乗用車と衝突し、少年が意識不明の重体です。

 23日午前7時頃、豊田市栄町4丁目の信号のない交差点で、市内に住むアルバイトの少年(16)が運転する原付バイクが、乗用車と衝突しました。

 衝突のはずみで原付バイクの少年が転倒し、病院に運ばれましたが意識不明の重体です。

乗用車を運転していた会社員の男性(45)にケガはありませんでした。

 警察によりますと、現場の交差点は原付バイクの側に一時停止の義務があったということです。

警察は当時の状況などを詳しく調べています。

東海テレビ 2017/5/23(火)

愛知県豊田市の交差点で、16歳の少年が運転する原付バイクが乗用車と衝突し、少年が意識不明の重体とのことです。

現場の交差点は原付バイクの側に一時停止の義務があったとのことです。

怪我をされた方の回復をお祈りします。